バルセロナから日帰りでワイナリー巡り【フレシネ FREIXENET】

  2018-05-02

www.da-sola.com

バルセロナ滞在5日目。この日はスペインの代表的スパークリングワインであるカヴァの生産地サン・サドゥルニ・ダノイアまで出かけて2つのワイナリーを巡りました。

 

 

R4号線に乗る

カタルーニャ広場駅から出発

www.da-sola.com

カタルーニャ広場の地下から近郊線のR4号線に乗ります。地下にはメトロの改札もあるので間違えないように確認してから改札を通りました。

 

www.da-sola.com

サン・サドルニ・ダノイアまで行く電車は30分に1本の間隔で走っていますが、定時運行には期待できそうにないので(笑)、ホームに降りたら液晶モニターで運行状況を確認しました。

 

直通電車を選んで乗車

www.da-sola.com

サン・サドゥルニ・ダノイアまで乗換なしで行くためには、

  • ヴィラフランカ・デル・ペネデス Vilafranca del Penedes 行
  • サント・ヴィセンク・デ・カルデルス Sant Vicenç de Calders 行

のどちらかに乗らなくてはいけません。サント・ヴィセンク・デ・カルデルス行がちょうど2分後にやって来るようです。


座席は右側がおすすめ

www.da-sola.com

最初地下を走っていた電車はサンツ駅を過ぎた頃から地上に出ました。ちなみに席は右側に座るのがおススメです。車窓からモンセラットの山々を眺めることができます。

 

サン・サドゥルニ・ダノイア駅

www.da-sola.com

バルセロナから約50分でサン・サドゥルニ・ダノイア駅に到着しました。

 

www.da-sola.com

ホームからフレシネのワイナリーが見えています。これなら迷いようがありませんね。

 

www.da-sola.com

バルセロナに到着してから1日おきに雨に降られていましたが、この日は朝から雲ひとつない快晴。やはり天候がよいとテンションがぐっと上がります。いい気分。

 

www.da-sola.com

駅を背にして左側はもうフレシネ社の敷地です。

 

フレシネに到着

www.da-sola.com

道なりに歩くとワイナリーの入口がありました。ツァーの参加希望者は右へ。

 

エントランス

www.da-sola.com

先程駅から見えていた立派なエントランス。ボトルの形をしたクラシックカーがあるのがいいですね。

 

レセプション

www.da-sola.com

中へ入って受付をします。とりあえずどこへ行ってもニッコリ笑って「Hola!」(こんにちは)と言っておけばOK、後は英語で問題なし。予約をしたこと、FREIXETRENを購入したことを伝えて受付は完了です。

 

www.da-sola.com

 

www.da-sola.com

リストバンドタイプのチケットとグラスワインの引換券をもらいました。

 

ツァー開始 

ツァーの参加者は15人、ガイドはヴェロニカ Veronica という名の笑顔がチャーミングな女性です。ラテンの国にありがちな「R」の音の強い英語ではなく、とても聞き取りやすい綺麗な英語で説明してくれました。

 

フレシネの歴史

最初にフレシネ社の歴史を説明する10分程度のショートムービーの上映があります。

フレシネという社名は創業家が保有していた農場の名前「ラ・フレシネーダ」に由来していることや、1914年からカヴァの生産を始めたこと、現在ではカヴァの生産量世界一を誇ることなどがフィルムの中で語られます。

 

カヴァ=洞窟

www.da-sola.com

いよいよ地下のセラーへと降りて行きます。かつては洞窟(カヴァ)の中でワインの熟成をおこなっていました。今は地下の奥深くでワインを熟成させています。

 

シャンパンと同じ製法

カヴァの製造方法はシャンパンと同じ。ワインと酵母を瓶に詰め瓶内で二次発酵をさせることにより発泡性のワインになります。

両者の違いはブドウ。

フランス北部のシャンパーニュ地方で造られるブドウは酸味が強いため、シャンパンは製造過程の最後にドサージュと呼ばれる補糖をおこないます。 しかし温暖なイベリア半島産の糖度の多いブドウから造られるカヴァは補糖をしない、あるい微量の補糖しかおこないません。それがカヴァ独自の香りと味わいになるのだそうです。

 

www.da-sola.com

カヴァに使用されるブドウの品種はパレリャーダ parellada、マカベウ macabeu、チャレッロ xarel·lo の3つ。

 

www.da-sola.com

地下が熟成に適しているのは、

  1. 温度・湿度が一定である
  2. 振動による影響が少ない
  3. 洞窟と同様に光が届かない

という3つの理由から。

 

地下4階で眠るカヴァ

www.da-sola.com

セラーの最深部、地下4階は18mの深さがあるそうです。

 

www.da-sola.com

すこしカビ臭い空間で無数のカヴァのボトルたちがひっそりと出荷の時を待っていました。

 

トロッコに乗車 

www.da-sola.com

最後はみんなでトロッコに乗って地上に向かいます。

 

www.da-sola.com

ボトリングの様子も眺めることができました。

 

いよいよ試飲タイム 

www.da-sola.com

さあ、お待ちかねの試飲タイム。エレベーターで4階まで上がり、明るく広いラウンジで他のツァーの参加者と一緒に頂きます。

 

Brut Nature Reserva

www.da-sola.com

最初は今月のカヴァ、ブリュット・ナチュール・レゼルヴァ。

 

www.vivino.com

 

www.da-sola.com

ナチュールは補糖をしていないタイプ。なのでキレッキレの辛口でした。これは好みだ~♡

 

Elyssia Gran Cuvée Brut

www.da-sola.com

2杯めは受付でもらったチケットと引換でいただけます。エリシア・グラン・キュヴェ・ブリュット。

 

www.vivino.com

 

www.da-sola.com

こちらは補糖タイプ。カヴァの代表的な3種類のブドウの他にピノ・ノワール Pinot Noir がブレンドされています。辛口ですがふんわりとした甘みも感じます。これもおいしい♡

 

fullsizeoutput_4d8d

2杯の試飲では物足りない場合、有料でお好きなカヴァを追加オーダーできます。

 

ショップ

www.da-sola.com

試飲が終われば自由解散です。地上階まで降りると、強制自動的にショップの中に誘導されるルートです。

買って帰りたいのはやまやまなんですが、この後もう1か所ワイナリーへ行く予定なのでここでは購入しませんでした。最終的に駅まで戻ってくるのは確実なので、そのときに買うことにしましょう。

 

www.da-sola.com

ショップの入口。ツァーに参加しなくても外から自由に入ることができます。ワインだけ買いに来る人もいるのでしょうね。

 

感想

www.da-sola.com

さすがカヴァ最大手だけのことはあって施設も充実していましたし、試飲したワインもグレードが高いよいものでした。ワインが好きな方ならばバルセロナからのショートトリップにお勧めかと思います。