松山城にはロープウェイに乗って行こう

標高132mの山頂に建つ松山城。Google Mapによれば登山道を歩いて行った場合の所要時間は片道約20分、昼食前の運動にはちょうどいい感じです。しかし今回は日帰り旅行、限られた時間と体力を節約するためにロープウェイで行くことにしました。

 

www.matsuyamajo.jp

 

 

ロープウェイまでのアクセス

松山空港から

「道後温泉行」のリムジンバスに乗車、「大街道」で下車。

 

JR松山駅から

伊予鉄道のトラム(路面電車)5番に乗車、「大街道」で下車。
または伊予鉄道バス52番に乗車、「ロープウェイ前」で下車。

 

私は空港からリムジンバスを利用しました。松山市内の移動には「ALL IYOTETSU 1Day Pass・2Day Pass」の利用がお得です。

 

www.da-sola.com

 

松山城ロープウェイ

f:id:dasola:20171003180812j:plain

「大街道」で降りてから北へ5分ほど歩き、少し上り坂になってきたあたりでロープウェイ乗り場が見えてきます。中に入りエスカレーターで上がるとそこがチケット売り場です。ロープウェイの往復と松山城の入場料がセットになって¥1,020。

 

f:id:dasola:20171004073824j:plain

ロープウェイと並行してリフトも運行しています。10分間隔で運行しているロープウェイに比べてリフトは待ち時間がありません。チケットは共通なのでどちらでも好きな方に乗ることができます。私は行きロープウェイ、帰りはリフトを利用しました。

 

f:id:dasola:20171003180827j:plain

スタッフは和服姿。男性は蚊絣(かがすり)の着物に袴の坊ちゃんスタイル、女性は矢絣(やがすり)の着物に袴のマドンナスタイルです。

 

松山城

f:id:dasola:20171013084935j:image

ロープウェイに乗ることわずか3分で到着。しかしお城まではまだ10分ほど上り坂を歩いていく必要があります。

 

f:id:dasola:20171004073755j:plain

「松山や秋より高き天主閣」と正岡子規が俳句に詠んだ天守が見えてきました。松山城のゆるキャラ「よしあきくん」と記念撮影ができるスポット。

 

f:id:dasola:20171004073748j:plain

綺麗な天守ですね。青空によく映えます。

 

f:id:dasola:20171004073729j:plain

立派な松の木。

 

f:id:dasola:20171004073733j:plain

現在地。

 

f:id:dasola:20171004073724j:plain

仕切門。左三つ巴は加藤嘉明の後に城主となった蒲生忠知の紋です。

  

f:id:dasola:20171004073719j:plain

右手石垣にある天守入口から中へ入ります。

 

f:id:dasola:20171004073715j:plain

初代城主加藤嘉明の鎧。

 

f:id:dasola:20171004073711j:plain

こんな姿だったんですね。

 

f:id:dasola:20171004073736j:plain

こーんな急勾配の階段ばかりで登るのも降りるのも結構大変です。

 

f:id:dasola:20171004073706j:plain

しかし見晴らしは最高でした。

 

感想

あまり期待しないで(失礼!)来たのですが、なかなか見応えがありました。見学には1時間は必要かと思います。歴女と思しき2人または3人で来ている若い女性たちを結構見かけました。麓から歩いて登って来ている人の姿もちらほら。私も時間に余裕があれば歩いて登ってみたかったですね。