カタール航空 QR859 ソウルICN→ドーハDOH ビジネスクラス Qsuite

  2018-04-28

www.da-sola.com

ソウルからはいよいよカタール航空に搭乗します。ドーハ行きのQR859便は50番ゲートからの出発、機材は新ビジネスクラス「Qsuite」搭載のB777-300ERでした。

 

 

Qsuiteとは? 

「Qsuite」とはカタール航空が2017年3月に発表した新しいビジネスクラスです。「First in Business」(ビジネスクラスでファーストクラスの体験を)」がコンセプトのプライベートスイート仕様で、ダブルベッドや4人掛けにカスタマイズできるフレキシブルなシートデザインが特徴です。A350-900とB777-300ERに順次レトロフィット、今後受領予定のA350-1000には標準装備されます。

 


Introducing Qsuite - Qatar Airways New Business Class

私がこの便を予約したのは昨年9月、機材はB777-300ERでしたが座席配置は2-2-2の旧仕様でした。ところが日本よりひと足早くソウル-ドーハ間に「Qsuite」が就航することになったのは実にラッキーでした。狙ったわけではないのにこうやって「Qsuite」に搭乗できるのですから。

 

再チェックインする

カタール航空の搭乗開始時刻は出発の45分前と少し早めに設定されています。優先搭乗が始まったので私もゲートへ。しかし搭乗口のゲートはモバイル搭乗券で通過できませんでした。カッコ悪(^◇^;)  搭乗口横のカウンターで再度チェックインします。ソウル→ドーハとドーハ→バルセロナのボーディングパスを受けとって、気を取り直して搭乗です。

 

キャビン

www.da-sola.com

カタール航空のイメージカラーであるバーガンディーとシルバーのシックな内装です。センスの良さを感じさせますね。 

 

www.colordic.org

 

シート

www.da-sola.com

座席は3Aです。

 

www.da-sola.com

この席は進行方向とは逆向きです。「Qsuite」は前後が向い合せの座席配置のため1列ごとにこのような席が存在します。 

 

www.da-sola.com

テーブルはロックを解除すると手前にスライドして出てきます。オットマンの下に収納はありません。

 

www.da-sola.com

やや硬めのクッションのテキスタイルはイスラムらしい幾何学模様です。

 

www.da-sola.com

程よい硬さのシートはもちろんフルフラットになります。

 

www.da-sola.com

広いサイドテーブルの下にはちょっとしたスペースがあり、シートリモコンのピクトグラムがずらりと並びます。 

 

www.da-sola.com

安全のしおり。

 

www.da-sola.com

国際色豊かなクルー達が入れ替わりで挨拶にやってきます。チーフパーサーは「ミス」ではなく「さん」付けで私の名前を呼びました。モニターを触ってプログラムを観ていたら、クルーのひとりがサイドスツールを開けてノイズキャンセリングのヘッドホンを出してくれました。ミネラルウォーターや機内誌もここに収納されています。

 

www.da-sola.com

扉を閉めてみたり。

 

ウエルカムドリンク

www.da-sola.com

ウェルカムドリンクはシャンパーニュをお願いします。まずはロゼをいただくことにしました。

 

www.vivino.com

 

ウェルカムドリンクでおいしいシャンパーニュをいただけるとテンションがぐっと上がりますね。食事のメニューを眺めながらゆったりと味わいました。

0:44ドアクローズ。滑走路を走っているとき窓の外の景色が前に流れていくのが不思議な感じがしました。

 

機内エンターテインメント

www.da-sola.com

畿内エンターテイメントのプログラムは日本語に対応しているので操作も簡単です。映画のラインナップは豊富ですが、すべての映画に日本語の吹替が用意されている訳ではありません。吹替はないけれど「I, Tonya」を観ることにしました。

 

アメニティ

www.da-sola.com

The White Companyのパジャマ。サイズはSでちょうどよかったです。

 

www.da-sola.com

アルマーニのアメニティ。Acqua di GIOのアフターシェーヴバームとコロン。RITUALSのリップバーム。これは男性用ですね。

 

www.rituals.com

 

www.da-sola.com

厚手のフランケットもクッションと同じ幾何学模様。

 

ドリンクサービス

www.da-sola.com

ドリンクサービスが始まりました。カタール航空のワインリストは

  • シャンパーニュ2種類
  • 赤ワイン3種類
  • 白ワイン3種類
  • デザートワイン2種類

と、充実しています。せっかくシャンパーニュが2種類あるので今度は白にしてみました。

 

www.vivino.com


 

夜食

www.da-sola.com

7種類のアラカルトの中から好きなだけ選べるのですが、深夜にそんなに食べられる訳がありません。軽めのメニューと思われたバジルとチーズのラビオリを選択しました。モッツァレラチーズとプチトマトの彩り鮮やかな一皿です。普通においしくいただきました。

 

www.da-sola.com

食後はコーヒーを。

食事が終わったところで映画はほどほどにして眠ることにしました。4Dと4Gの座席に座った3歳児くらいの子供連れの家族は、マットレスと羽布団でダブルベット仕様にシートをカスタマイズしています。私はふかふかのブランケットだけで就寝。

 

機内Wi-Fi

イラン上空マシュハドのあたりで目が覚めました。5時間ほど眠ったでしょうか。これ以上は眠れないでしょうから機内Wi-Fiを試してみました。10MBは無料で接続できます。2回ほどエラーが出た後にようやく繋がりました。メールとLINEをチェックしておしまいです。

 

朝食

www.da-sola.com

あまりお腹も空いていませんが朝食です。まずはフルーツプレートから。

 

www.da-sola.com

キャンドルは当然ロウソクではなくLEDでしたが、雰囲気があっていいですよね。

 

www.da-sola.com

ソウル出発なのでコリアンメニューがあります。蟹と蝦の入ったおかゆ。 刻み海苔がたっぷりです。ちりめんじゃこも投入していただきました。これはなかなかおいしかった。

予定よりも50分ほど早く4:07ドーハ・ハマド国際空港に到着しました。後ろ向きの座席でも離陸の時はあまり違和感がありませんでしたが、着陸はさすがにいつもとはちょっと違いました。背中側にかなり強いG(背中が座席に強く押し付けらる)を感じます。

 

感想 

これまで10社以上のエアラインのビジネスクラスに搭乗しましたが、「Qsuite」の贅沢さは他社の及ぶところではありませんでした。クルーの接客態度も申し分なく日系キャリアにもひけをとらないと思います。中東御三家のひとつエミレーツ航空のクルーが欧米的な接客(よく言えばフレンドリー、悪く言うと気安い)なのに比べて、カタール航空はもっとアジア的な丁寧さがあります。この後のフライトも楽しみです。

 

フライトデータ

航空会社:カタール航空
便名:QR859
搭乗日:2018/04
路線:ソウル→ドーハ
機体記号:A7-BED
機材:Boeing 777-3DZ(ER)
座席番号:3A
搭乗クラス:ビジネス